販売担当者は味方につけよう

販売担当者を見方にしよう

友好な築き

新車を購入時、販売担当者に値引きの交渉をしお互い駆け引きをしていくと思いますが、
販売担当者は敵というわけではありません。
新車をできるだけ安く購入させてくれる、人でもあることを忘れないようにしましょう。
値引きの交渉ですが、やってはいけないことがあります。みなさんお気づきでしょうか?
それは販売担当者への横暴な態度です。たまにみかけますがこちらがお客様だからといい
なんでも言ってみたりしてもいいというのは間違えです。
初めて足を運ぶ販売店で「ここで1台でも売れたら君にも報酬が入るんでしょ?」
などという問いかけや接し方をされたら販売担当者イラっとくるでしょう。
とはいっても車の販売はビジネスですから、販売担当者とプライベートでも
会うような仲になることが重要とは言いませんが、ある程度の信頼関係を築くことも大切です。
しかし、販売担当者は自分の車を安価で買えるように上層部と交渉し手引きをしてくれる
存在とも言えるでしょう。こちらの印象を良く見せこの人のためなら安く売ることを
頑張らせようとする状況に持ち込むことができれば一番良いと思います
なかなか難しいですが、商談を1件だけでなくいろんな販売店へ足を運びしていけば、
安くするために頑張ってくれるいい販売担当者に出会えるでしょう。そういった担当者を見方ににし
値引きへの商談を進めていきましょう。

 

販売担当者とは車を買ったあとにも長い付き合いになるといますのでいい関係
を築けるとアフターサービスなどでお得なこともあるでしょう。

トヨタ車が誇る元祖ハイブリットカーのプリウスの値引き額は平均的に25万円程度であるとわかっています。
その値引きの一般的な方法として各トヨタ系列店のあいみつによる他店との競合させるという方法です。
この時、同じ系列の店(例えばネッツ同士)などを競合させるのはよくありません。
お客さんの情報を共有しているので値引きの金額はあまり変わらないので意味がないのです。

 

購入時期でも値引き額が大きくなるタイミングがあります。それは決算期、
上期ボーナス時期、中間決算期、下期ボーナス期です。
この中でも一番の値引きが期待できるのは2〜3月の決算期がよいようです。

 

 しかしやはりプリウスは人気車種。値引きはなかなか厳しいようです。
値引きで大事なのはセオリーや仕組みをより理解していくことです。

 

 値引きの一番のポイントは、車両本体価格の値引きばかりに目を向けずに
乗り出し時どれだけ安くできるかになってきます。

 

また序盤でお話ししましたがあいみつをとることです。プリウスのみの系列店ではなく
他車の似たような車も視野に入れていることをアピールし、交渉していくとよいでしょう。

 

ハイブリット車は他の車種も値引きが難しいようです。時間はかかりますが少しずつ
見積もりを重要視しプリウスを最大限安く買えるようにしましょう。

 

続きを読む≫ 2014/07/03 22:20:03 ワゴンR値引

まずは、安くなる時期を狙いディーラーに向かいます。
主に決算期やボーナス商戦、年末商戦や20日前後など
安くしてくれそうな時期を狙いディーラーへ行きましょう。

 

これはあくまでも例ですが一番初めの商談時はこうやって始めるとよいでしょう。
言い回しなどはそのときの雰囲気または自己流でよいです。
「他の店でムーヴとも悩んでいます。車種に決まりはなく安く提供してくれる方にしようかと考えています。
ちなみにダイハツではこの値段で出してくれたのですがこれよりももし安くなるのなら
ムーヴを断ってこちらのワゴンRで決めたいと思っています。」
という感じで切り出すとよいでしょう。

 

もしかすればたった一回の商談で高額な値引きを狙えるかもしれませんね。
これより安くならないなら買わないという気持ちでいってみましょう。

 

交渉不成立の可能性は当然ありますがディーラーは一つではないので次の店に行ってみるのも一つの手です。
購入を急いでいるわけではないのならこの金額にできれば契約しますので、
条件が整い次第連絡をしてくれるようにお願いします等、宿題形式にしてみるのもよいでしょう。
これまで紹介してきた内容を他のディーラーでも実践していけば
必ずどれかは自分の納得できる条件が見つかるでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/07/03 20:42:03 ワゴンR値引